蓮  光  寺

  ともに いのち かがやく 世界へ      浄 土 真 宗 本 願 寺 派    

     いのち見つめるお寺       見つめよういのち、見つめよう人生。教えに遇い、仏さまに遇い、自分に遇う。

ご門主さまの言葉

西本願寺第24代大谷光真ご門主さまの言葉。ご親教や書き下ろしのご著書から。

念仏に生きる

お念仏に生きるとは、はかり知れない因縁によって恵まれたいのちを、自らの責任によって生きることにつながります。(第10回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要)

阿弥陀如来

 阿弥陀如来は人間が迷い悩み苦しむ姿を見てさとりへと導いてくださる仏様です。「南無阿弥陀仏」という名前となって私に働きかけ、支え、呼んでくださいます。こちらから何か期待する前から働いてくださる仏様です。私たちはその阿弥陀如来の働きに気づいて、呼び声、願いに応える生き方をしていくのです。私たちの願いをそのままかなえてくださるのではなく、人間の願いの不完全さを見抜いて、救いとってくださる仏様です。
                  (「ダライラマ14世との対話」より『愚の力』所収)
.